男性不妊

2008年09月10日




前回、男性不妊の改善、対応に関して薬での薬物療法に
ついて紹介しましたが、今回はもう一歩進んで手術など
の男性不妊治療について紹介したいと思います。


男性不妊において、手術が必要となるということはあまり
ないようですが、重症の精索静脈瘤や精路通過障害などの
場合は、手術が必要になってくるようです。


では、まず最初の精索静脈瘤というものはどういうもの
なのか紹介していきたいと思います。

精索静脈瘤というのは、血液が逆流している悪い血管の
ことで、この精索静脈瘤をきつく結んでしまって、血液が
逆流しないようにする必要があります。


この精索静脈瘤の一般的な手術方法としては、おへその
横くらいの場所を切って静脈を結ぶ「高位結紮術」という
ものと、腹腔鏡を使って血管を結ぶ「腹腔鏡下手術」、
そして、顕微鏡を使用して精巣静脈をより分けて結ぶ
「低位結紮術」という方法があり、最後の低位結紮術での
手術であれば、局部麻酔で済むので日帰りも可能になり
ます。

この精索静脈瘤の手術を受けることで、術後に激的な改善
がみられることもあれば、残念ながら効果がそれほど見ら
れないこともあることもよく理解しておくことも必要です。


次に、精路通過障害の手術ですが、これは精路の詰まった
箇所を切除して精路が通っているところを結ぶ手術です。

障害の状態にもよりますが、精管と精管を繋ぎ合わせる
精管・精管吻合術や精管・精巣上体管吻合術などがあり
ます。


男性のこういった症状というのは、普通に暮らしていた
のでは分からないこともあるので、夫婦揃ってしっかり
不妊治療に向き合うことが必要ですね。
記事一覧 目次ページに戻る










コメント(0)トラックバック(0)│ 

2008年06月02日



不妊原因というのは、コレまでも何度かお話してきた
ように、はっきりいっていろいろな要因があるんです
よね。

女性が抱える不妊の原因もあれば、男性が抱える不妊
の原因、いわゆる男性不妊って場合もありますし、
極論をいえば、原因不明ってこともよくある話。


でも、これじゃあ、どうやって子供を作ればいいの?
ってことになりますよね。

不妊原因が不明ってなったら、手の打ちようがないです
からね。


そこで、ココでは不妊の原因、不妊トラブルについて
紹介をしていこうと思います。


まず、妊娠をするという働きがある女性の場合ですが、
これが結構複雑なんですよね。


妊娠までのプロセスでトラブルが発生する場合なども
あるので、ほんと複雑で多種多様です。


そんな中でも、よくあるのが、排卵に問題があるケース。
これは、月経は周期的にあるのに、実際には排卵が起きて
いないという“黄体化非破裂卵胞”という障害になるそう
です。


次に卵管に問題がある場合。
これは、炎症などが原因で卵管が詰まり気味になったり、
完全に閉塞してしまう通過障害。
それに、子宮内膜症などが原因で卵管の動きが難しくなる
ことで排卵された卵子をうまくつかめない、ピックアップ
障害などが考えられます。

あと、子宮や子宮頸管に問題がある場合もあります。
受精はするのに、着床しない着床障害や精子の子宮内への
侵入を邪魔する頸管粘液不良なんて問題もあるようです。



今度は、男性が抱える不妊のトラブル要因についてですが、
実は、女性よりも男性の方が問題は単純らしく、受精能力
のある精子を十分作ることができるか?そしてそれらを
膣内にしっかりと射精することができるか?という2つの
ポイントに限られるそうです。



その他の不妊トラブルとしては、免疫的な問題があるとか
いうこともあるのですが、やはり多くは、不妊原因が不明
の、機能性不妊ということになるようです。

今や、不妊症カップルの15〜20%は、この機能性不妊
といわれているそうですよ。

こうなると、やはり自分たちの力で何とかするしかない
ですよね。


不妊に悩んで不妊治療を受けても子供が出来なかった人が
自然妊娠をしたというケースはたくさん報告されています
からね。

決して諦めずに、かわいい赤ちゃんを授かりましょう!
記事一覧 目次ページに戻る









コメント(0)トラックバック(0)│ 

2008年05月24日



“男性不妊”って聞いたことがありますか?

不妊症っとか、不妊の原因というと、まずわたしたち
女性が疑われるというか、わたしたちも自分に問題が
あるんじゃないか?って、まず考えてしまいますよね。


どうしても妊娠したい、子供が欲しいのに、なかなか
子供ができないと、自分を責めたり、原因を自分に
あるんだと思いがち。


でも、実際にはその原因がはっきりしない場合の方が
多かったりするものです。



あるお医者さんがおっしゃっていたのですが、不妊の
原因というのは男女半々に原因があったりするものだ
そうです。


ですから、女性は自分ばかりを責めるのではなく、
男性に原因がないかどうかを一緒になって考え、行動
をしてもらうことを考えなくてはなりません。



特に、環境の変化によって、女性はもちろんのこと、
男性でも生殖機能に異変が起こっているそうですから。



特に男性不妊で考えられるのが“食生活”だそうです。


いくら奥さんが栄養のバランスを考えて食事を家で作って
いても、外食などでバランスの取れていない食事ばかりを
してるのであれば男性ホルモンのバランスも弱めることに
繋がります。



もし仮に、旦那さんが外で忙しさのあまり、カップ
ラーメンなどのインスタント食品ばかりを食べている
と、要注意のようです。



ある調査によると、インスタントラーメンなどの食品容器
から発する環境ホルモンによって、男性不妊に影響を与え
る可能性が指摘されています。


しかもかなりの確率で男性不妊に影響を与えるそうです。


環境ホルモンというのは、男性ホルモンの働きを弱めて
オスの機能をメス化させる働きがあるそうで、これが
カラダにとりこまれると生殖器が小形化したり、精巣内
の精子形成能力が減少したりするといわれています。


もし、旦那さんがそのような食生活をしているようで
あれば、それを改善するような話し合いも必要になって
くるでしょうね。


でも言い方に気をつけないと、自分のプライドを傷つけ
られたと思って素直に聞いてくれませんから、環境ホル
モンなどに関する本を何気なくテーブルの上において
おくとかしたらいいと思いますよ。






記事一覧 目次ページに戻る



コメント(0)トラックバック(0)│ 

マカザクロサプリ
『ハグクミの恵み』


もう、不妊治療で苦しむ必要はありません!
今、最も支持されている不妊解消のノウハウ!
 ↓  ↓  ↓  ↓

不妊症・不妊治療で悩まない!
自然妊娠成功の秘訣がコチラ



無料でもらえる子授けの小冊子
【無料プレゼント】
話題の子授けBOOK


無料レポート
妊娠力アップにも効果的!!
『海外セレブ達が食べる、
健康と美を維持する
最先端の食べ物』


知らないと損する

不妊の悩み、人には聞けない疑問! お気軽に相談ください!
わたしも長年“不妊”の悩みを抱えてきました。
話すことで、少しは楽になると思います!

不妊症や自然妊娠の方法などの悩みはこちら!


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ